WaPEN

戻る


PENやPenFlowchartはJavaアプリケーションなので, 利用できない環境があると聞いています。 そこで,JavaScriptでDNCLの実行環境を作成しました。 それがWaPEN(Web-aided PEN)です。 圧縮ファイルを展開してWebサーバに置いてやれば好きなように使えます。 たとえばサンプルファイルを書き換えたり, setting.jsの設定(変数宣言が必要かどうかとか)を変えたりして, 自分の授業に合わせた設定をすることができます。

標準的な設定によるサンプルを実行することができます(下のサンプル000と同じ)。

ダウンロードはWaPEN.zipか, https://github.com/watayan/WaPEN.gitから お願いします。

フローチャートは縦棒の上で右クリックすることでパーツを追加できます。 パーツを右クリックして編集や削除ができます。

設定の違うサンプル

変数宣言添字の範囲/と÷の違い
サンプル000必要0〜n同じ
サンプル001必要0〜n違う
サンプル010必要0〜n-1同じ
サンプル011必要0〜n-1違う
サンプル020必要1〜n同じ
サンプル021必要1〜n違う
サンプル100不要0〜n同じ
サンプル101不要0〜n違う
サンプル110不要0〜n-1同じ
サンプル111不要0〜n-1違う
サンプル120不要1〜n同じ
サンプル121不要1〜n違う
変数宣言
「必要」は宣言していない変数を使おうとするとエラーになる。 「不要」は使うと自動的に変数が作られる(宣言しても構わない)。
添字の範囲
a[n]と宣言した配列の添字の範囲
/と÷の違い
「同じ」は同じ。「違う」は/が普通の商で,÷が余りを切り捨てる割り算(これはまだうまくできていない)