不定期戯言

戻る

« | 2024 | Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec | »

古いページ

2024.01.07 (Sun)

全俳句データベース

全俳句データベースというサイトを知った。ああ,ほんとに作っておけばよかった。これは「猿にキーボードを叩かせてシェークスピアの作品を書かせる」とか「マクスウェルの悪魔」とかの話につながるいい題材だと思うなあ。番号は85進法で1から85の17乗まで。

コメント(2)

のぐー wrote at 2024-01-08 11:30:

85進法?どこが?
十進数にしか見えませんが。>1から631134233006543551770782470703125まで
ひらがなそのものを数字として見るのも違うようですが。
「あああああ あああああああ あああああ」が0ではなく1らしいので。

わたやん wrote at 2024-01-08 14:22:

「あああ…」が0でなくて1なのは,0〜85^17-1でやると簡単なのだけど,1から始めたくてずらしてあるのだと思います。

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2024.01.06 (Sat)

情報教育セミナー2024

というわけで,神奈川大学横浜キャンパスに。入試がテーマということではあるが,非常に多くのことを考えさせられる内容であった。思えば10年前に情報処理学会の全国大会のイベント企画で話した内容ってそんなに間違ってなかったんだなあとか思ったりもした。いくつか断片的にメモ:

  • どのような授業が入試対策になるのか←「自ら考え,自ら学ぶ」を要求すること以外にない。
  • ↑補習・補講が必須だという考えを脱却した方がいい。必要であることを前提にものを考えるべきではない。
  • よりよい授業を求める試行錯誤はこれからも続いていく。勉強したい,と思わせる授業。
  • 他教科の入試の内容も参考になる(情報が各科目とつながるのだから当然)。
  • 知識・技能を思考・判断で転用する。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2023.12.26 (Tue)

実践事例報告会

神奈川県の実践事例報告会に「CSS組版による文書作成の提案」というテーマでポスターを出させてもらった。コメントをいただいて初めて気がついたのだが,情報デザインでの発表がこれを含めて2件しかなかった。まあ私がこの分野で発表することも珍しいのだが。 CSSのことは知っている人が多いが,意外とmarkdownは知られてない様子。そう考えると今回このテーマで発表させていただいたことには意味があったかなと思う。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2023.12.24 (Sun)

日本情報科教育学会 第15回フォーラム

パネルディスカッションに登壇させていただき,「共通テストに向けた指導に関する私見」ということで少し話をしてみた。こういう学内政治的な話は私がもっとも苦手とするところであって,「らしく」はなかったとは思うが,大切な話であることは間違いないと思ってのことである。私自身,勤務校で5月から動画とか作りながら対応してきた。もちろんそれで足りるとは思っていないが,そういうことをやっていることをわかっていない教員(当該学年でありながら)もいるようだしなあ。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2023.11.11 (Sat)

ネタ持ち寄り勉強会

私は夏休み中に受けた「Vivliostyle」の講習会の内容を受けて,「薄い本を作ってみた」というネタを持っていった。それ以外にも小ネタはあったが,ちょっと外では話せないので内緒。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2023.09.09 (Sat)

パソコン甲子園予選

といっても,監督をするだけなのだが。勤務校から1チーム(2人)が出場ということではあるが,私が何か指導とかしたということはなく,単に手続きをしただけである。一人はC++,もう一人はJavaでの参戦。問題の中身とかは見ていないが,しっかり取り組めたようであった。結果は2週間後か。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2023.03.24 (Fri)

MDM関係

生徒iPadのMDM関係の設定をいじるはめになって,まあなんとかなったんじゃないかとは思う。でもこういうトラブルのとき,人によって作業側から考えるか,システム側から考えるかみたいな癖がでるように思われた。

サーバ管理については後輩に一任しているところがあるけど,これは基本的に「etc読め」でやってきた。それでやれる人であったことが,私にとってはありがたいことなのだけど,彼の次に引き継ぐときには同じようにはいかないのかもしれないと思うと…でもこのやり方で対応できてくれないとそもそも無理なんじゃないかとも思うし。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2023.03.04 (Sat)

情報処理学会第85回全国大会

というわけで3日間電気通信大学へ。やっぱりリアル会場はいいなあ。去年は愛媛大学が会場だったが,愛知県にいろいろ警報的なものが出てて自粛しろという話で断念したのだった。

有賀先生(同志社女子大)の発表の中に「プログラミング教育の題材が男子的・理系的なものに偏る傾向がある」という話があったので,男子校勤めの立場で「たしかに自分にはそうでない者が楽しいと思うネタの用意がない」というようなコメントをさせていただいた。

表彰式では山下記念研究賞を受賞された井手氏(小牧高校)が来ると思ってカメラを構えていたのだが,当日は卒業式だったということで来られなかったらしい。翌日の「中高生情報学研究コンテスト」では司会ということで,かなり忙しい動きだったとのこと。

イベント企画「どうする情報科教育!」「情報入試のトレンド」の話を聞きながら過去のことを思い出していた。稲垣氏(都立神代高校)から「大学入試の勉強がそのまま,大学からの勉強につながるような出題をしてほしい」との発言があって,自分が第76回大会のイベント企画で話したことを思い出した。そのときのスライドの25ページ目で言ったのはそれと同じ思いだったと思うし,今もそう思っている。

スライド

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2023.03.02 (Thu)

PyPEN「そうでなくもし」

「そうでなくもし」について,フローチャートの対応(といっても,表示を諦めたということなのだが)ができたので公開する。ついでに演算のcloneについても大きいバグが見つかったので修正(なぜ今まで発覚しなかったのか)。

スクリーンショット

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2023.02.27 (Mon)

PyPEN「そうでなくもし」

ようやく実装ができた気がするので公開。ついでに関数呼び出しに面倒なバグがあったのでそれも修正。WaPENの方の修正は忘れてたので,またの機会にやることにする。

もちろんフローチャートで「そうでなくもし」を表現することは諦めている。私としてはフローチャートはそろそろやめにしたいんだがなあ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

古いページ