不定期戯言

戻る

« | 2024 | Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec | »

2024.01.24 (Wed)

Acoustic Night Part I

Armadilloでの歌い初めということでAcoustic Night Part Iに。雪のせいか,最初は司会のツネカワさんと私だけになるかも…とかそんな感じだった。そんなわけで 第1ステージは3曲回し。でもそうこうしてるうちに人が増えてきて一安心。そんなわけで「Soon」(Yes),「エイジ」(泉谷しげる),「MARCH」(原田真二)を演奏。最後に少し入ってるブルースハープはU-JINさん第2ステージは「雪(ああ世界は美しい)」(佐野元春),「しゃぼん」(ASKA),第3ステージは「川べりの家」(松崎ナオ)であった。12月よりは少し安定したかな。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2024.01.07 (Sun)

全俳句データベース

全俳句データベースというサイトを知った。ああ,ほんとに作っておけばよかった。これは「猿にキーボードを叩かせてシェークスピアの作品を書かせる」とか「マクスウェルの悪魔」とかの話につながるいい題材だと思うなあ。番号は85進法で1から85の17乗まで。

コメント(2)

のぐー wrote at 2024-01-08 11:30:

85進法?どこが?
十進数にしか見えませんが。>1から631134233006543551770782470703125まで
ひらがなそのものを数字として見るのも違うようですが。
「あああああ あああああああ あああああ」が0ではなく1らしいので。

わたやん wrote at 2024-01-08 14:22:

「あああ…」が0でなくて1なのは,0〜85^17-1でやると簡単なのだけど,1から始めたくてずらしてあるのだと思います。

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2024.01.06 (Sat)

情報教育セミナー2024

というわけで,神奈川大学横浜キャンパスに。入試がテーマということではあるが,非常に多くのことを考えさせられる内容であった。思えば10年前に情報処理学会の全国大会のイベント企画で話した内容ってそんなに間違ってなかったんだなあとか思ったりもした。いくつか断片的にメモ:

  • どのような授業が入試対策になるのか←「自ら考え,自ら学ぶ」を要求すること以外にない。
  • ↑補習・補講が必須だという考えを脱却した方がいい。必要であることを前提にものを考えるべきではない。
  • よりよい授業を求める試行錯誤はこれからも続いていく。勉強したい,と思わせる授業。
  • 他教科の入試の内容も参考になる(情報が各科目とつながるのだから当然)。
  • 知識・技能を思考・判断で転用する。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments: