不定期戯言

戻る

« | 2022 | Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec | »

古いページ

2022.08.17 (Wed)

Armadillo

・Acoustic Night Part Iにまたお邪魔させていただいた。今日はこういう活動をするきっかけの大元を作ってくれた加藤さんも来てくれていた。彼は彼の定番な感じのオリジナルを,私は1ステージ目では

  • 流星(吉田拓郎)
  • Desire, Messiah(オリジナル)

という風に初めてオリジナルをやってみた(作ったのは30年近く前なのだが)。バンドでやる曲として作ったものをギター1本にするのは難しかったが,なんとか成立はしたと思う。2ステージ目はそれを受ける形で(「Desire, Messiah」はPANTAの「クリスタルナハト」に影響されて作った)

  • オリオン頌歌第2章(頭脳警察)
  • What did you do for tomorrow(Godiego)

という風で。

・このあたりの歌をやったのは昨今の統一教会騒動に反応したものではある。そういう意味では「Purple Poison」(Godiego)という選択肢もあったかもしれない。地下鉄サリンの報道を見ながらこの曲をRAYで入力してNiftyにアップロードしたのだった。

・今日は出だしから喉の調子がいまいちだった。なんかざらついている感じ。まあそれ以前のこともあるので,歌いこんで安定させないといかんわけだが。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2022.07.30 (Sat)

虹色ザボン

・虹色電鉄とザボンのライブということでvaelntinedriveへ。いろんな出会いのある1日だった。お隣さんの会話に乱入してみたら,実はあのバンドのギターの人だったとか。虹色電鉄のおっちーさんにある曲のベースラインのことで質問したら,わざわざケースからベースを取り出して説明してくれたりとか。両バンドにまたがって出演しているというか明日が誕生日の森さんに,Roger Watersを好きだという話からいろいろ教えてもらったりとか。やっぱり音楽やるのはいいなぁ。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2022.07.20 (Wed)

Acoustic Night Part I

・ということでArmadilloへ。だんだん勝手もわかってきた。今回はプリアンプ持参…いつもはマイクで拾ってもらっていたが,これを使うとラインでうまくいけるようだ。

・最初のステージは,最近なくなった人を偲んで

  • 岬めぐり(山本コウタローとウィークエンド)
  • 恋する0.1(杉真理)

という,自分にしては明るい選曲。次は本来の路線に戻って

  • 空が高すぎる(小田和正)
  • しゃぼん(ASKA)

と同じ調の歌。最後は1曲ずつで

  • It's time(杉真理)

という風だった。

・私の前の順番の人の声がとても素敵な感じ。すごく明るい感じで,たとえるならスタレビの根本要のような。いつも来てる人ですごく雰囲気のある歌い方の人とか,比べるとやっぱり私は余裕ないなあ。私の次の順番の人は表板や弦を叩く奏法が面白い。最後の順番の人はすごい大御所感。圧倒される空気。

・終わってから,人のギターを少し借りてみた。すごく不思議な感覚で…音が前に出てる分,後ろには全然返ってこない。こんなギターもあるんだな。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2022.07.05 (Tue)

ギターのリペア

・ピックアップから音が拾えない件でギター屋さんに相談したところ,そっちの方は特に問題ないということだった。おそらくパッシブであることが問題なのだろうということで,いずれプリアンプとか買うことになるだろう。それはそれとして,弦高が高いこととかを含めて調整してもらっていたのが今日仕上がってきた。数値としては大した差ではないのかもしれないが,弾きやすさはずいぶん違う。

コメント(2)

のぐー wrote at 2022-07-16 00:53:

クラシックギター!わたやんせんせのことだからてっきりエレキギターかと思ってたら。
にしても、古い日付のやつをまとめてアップする癖が抜けないのなら、コメント受け付け終了は、記事に記載してある日付ではなくアップした日を基準にしたほうがいいのでは?(ファイルシステムにタイムスタンプくらいあるでしょ?)

わたやん wrote at 2022-07-19 18:07:

エレキギターはPignoseの少し小さめのを遊びで弾いてるだけで,本来はアコギの人なのです。
コメント欄の有効期限をデフォルトの90日に戻しました。

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

2022.06.15 (Wed)

Acoustic Night Part I

・2回目のArmadilloのステージ。1ステージ目は「愛のきざし(オフコース)」「鳥の記憶(イルカ)」,2ステージ目は「朝の歌(サカナクション)」「小舟(SUHO)」,3ステージ目は1曲ずつということで「What did you do for tomorrow(ゴダイゴ)」というわけでまた終電。腹が膨れていると声が出ないことはわかっていたのだけど,つい食べてから行ってしまった。バランスとか考えないといかんな。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2022.06.07 (Tue)

芸術鑑賞

・今回はJazz。出演はUNIT7とユッコ・ミラーさん。どちらかというとポップス寄りの曲が多かったのは,高校生に合わせてくれたということなのだろう。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2022.05.25 (Wed)

Acoustic Night Part II

・今日はギターを持たずに観客としてArmadilloへ。Part IIは1組3曲のステージを順番に。いろいろ個性のある人が続く。比べると自分の声は面白みに欠けるような気がしなくもないが,それはそれでいいんだろうと思うことにしておく。

この店を教えてくれたDaiLenさんはやはり長くやってて,いろんな人をつないでるんだなぁ。虫ケラさんはすごい迫力だったし,おもちゃ箱さんの「世情」には号泣させられた。やっぱり歌うのはいいな。途中で終電に合わせて帰ってしまったけど。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2022.05.19 (Thu)

Acoustic Night Part I

・昨日は思い切ってArmadilloにギターを持っていってみた。1組2曲のステージを時間許す限り回すという形式。私のクラシックギターにはピックアップがついているのだが,パッシブだからということからかラインで拾えず,マイクで音をとってもらうことになった。1ステージ目は「Buddha's song(ゴダイゴ)」「秋ゆく街で(オフコース)」,2ステージ目は「川べりの家(松崎ナオ)」「マーチ(原田真二)」ということで時間切れ。大慌てで(ほぼ)終電に載って帰宅。

・背中を押してくれたのぐー氏に感謝。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2022.05.15 (Sun)

ヒトカラ

・といいつつ,ギター持ち込み。先日の今池遊覧音楽祭の熱が残っているうちにということで,歌ってみる。うーん,指が動かないなあ。これはかなり慣らさないと駄目かも。しかしやっぱり楽しいのよ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

2022.05.05 (Thu)

今池遊覧音楽祭

・昨日一昨日は仕事だったので,今日は今池遊覧音楽祭に行ってみた。結果的に弾き語り(ピアノ含む)の人ばかり聴いてた。初めて聴く人がほとんどだったのだけど,DaiLenさんの歌がなんだか良かった。こういうふうにやってるのを聴くと,自分でも歌いたくなるなあ。

コメント(2)

のぐー wrote at 2022-05-09 10:14:

ライブ配信でもやってみては?

わたやん wrote at 2022-05-09 11:23:

まずは指が前のように動くように練習しなおさないといけないわけですが,人前でやるのもいいなと思った次第です(オンラインかオフラインかはともかく)。

コメントの受付は終了しました。

古いページ