不定期戯言

戻る

« | 2021 | Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec | »

古いページ

2021.07.22 (Thu)

クロマキー合成

・全高情研のオンデマンド発表の動画を撮るにあたって,クロマキー合成用の緑布を買ってみた。さっそくセットしてOBSのフィルタを使ってみたが,なんかいまいち。背景が抜けるのは抜けるんだけど,若干のノイズが残る。これって背景にも光あててきれいな緑にしないとうまくいかないのかな。

・そんなわけでこの背景を使うことは諦めて,いつもZoomで背景合成に使っているLinux-Fake-Background-Webcamで背景を緑一色の画像にして,それをOBSのクロマキーフィルタに通してみたらきれいに背景が抜けた。

・そのLinux-Fake-Background-Webcamがかなり変化していることにも気づいた。Pythonのスクリプト一発になったようなので扱いは楽になっているはずなのだが,自作の背景切り替えプログラムがうまく対応させられない。これまではSIGINTを送ると背景切り替えしていたのだが,pause/unpauseの切り替えになってunpauseのときに画像を切り替えるということになったようだ。さて,どうやって対応しようかな。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

トラックバック(0)

トラックバック用URL: https://watayan.net/blosxom.cgi/computer/202107220001.trackback

2021.07.19 (Mon)

PyPEN仕様変更&デバグ

・代入を「=」,等値比較演算子を「==」に限定することにした。また比較演算子もa<b<cみたいなのをOKにした。それに伴い,マニュアルやサンプルプログラムを修正。また,配列や辞書に不具合があったのでこれも修正。とりあえず落ち着いたかなという感じ。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

トラックバック(0)

トラックバック用URL: https://watayan.net/blosxom.cgi/informatics/202107190001.trackback

2021.07.18 (Sun)

地区合同勉強会

・久しぶりにオフラインな勉強会。講師は青山学院大学の伊藤一成教授。共通テストのサンプル問題を中心に話を伺ったが,問題を解く上での視点の違いについて考えさせられた。たとえばプログラミングの問題で,私は書く立場で考えるのだが生徒の多くは読む立場からの視点ではないかということだ。これは目からウロコ。プログラムを書く人になる場合はともかくとして,使う立場であれば多くの場合は読めればいいのだし。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

トラックバック(0)

トラックバック用URL: https://watayan.net/blosxom.cgi/informatics/202107180001.trackback

2021.07.15 (Thu)

MRTG

・職場の生徒LANのトラフィックがどうにもならない。MRTGを入れて観察すると,12.5MB/sあたりでサチっている様子。これっと要するに100Mbpsだよな…ということでギガハブを調達してもらって入れ替えたら,嘘のように改善した。といっても12.5MB/sを超え続けているわけではなくて,一瞬超えた気はするけどその後はもっと低いレベルで上下している。まあ,ダメだったときの様子はおよそ想像はつくのでよしとしよう。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

トラックバック(0)

トラックバック用URL: https://watayan.net/blosxom.cgi/misc/202107150001.trackback

2021.07.01 (Thu)

万年筆

・同僚が万年筆のことを楽しげに語っているのに触発されて,preppy以外の万年筆を買ってみることにした。インクは青墨を使い続けたいのでセーラーのプロフィットスタンダードを選択。ペン先は14金で値段も手頃,名入れもしてもらえるということであっさり決定。手帳で使うので細字。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

トラックバック(0)

トラックバック用URL: https://watayan.net/blosxom.cgi/misc/202107010001.trackback

2021.06.24 (Thu)

生徒のiPad

・生徒に購入してもらうiPadが届いた。といっても試験前だから本格運用は7月かな。Wi-Fiの具合とかいろいろ気になるが…どうなるだろう。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2021.06.19 (Sat)

艦これ春イベント

・最後のステージの最後のゲージで根負けして丁提督になったが,なんとか終了。今回増えたのはNorthampton,桃,照月,有明,石垣,屋代,伊203,Honoluluであった。これで明日は仕事に専念できる。掘りなんてとてもじゃないけどできない。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2021.06.09 (Wed)

PyPENをDNCL2にもっと寄せるか

・Pythonではa<b<cのように比較演算子を続けることができる。Cでもエラーにはならないが,それはa<bかつb<cとは違う意味になるので初心者には厳しい。とりあえずPyPENもそれに合わせた変更ができることは確認したが,これをリリースするかどうかは悩みどころだなあ。

・今のところ代入は「←」で比較は「=」を標準にしているが,それぞれ「=」や「==」でも書けるようになっている。どちらを標準にするか,あるいは前者を廃止して後者のみにしてもいいのではないかと言ったことで悩んでいる。というのは,共通テストのサンプル問題が後者になっていて,DNCLの後継(仮称DNCL2)はそちらになるのではないかという話があるからだ。今まで作ったものを書き換えなくてはいけなくなるわけだが,それでも変更するメリットがあるのかもしれない。これはかなり大きい変更になるからオプション扱いは難しい…いや,パーサを2つ用意しておいて使い分ければいいのか?それはそれで動作確認が大変だが…。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2021.05.31 (Mon)

おまいら15年前何してたよ

・Twitterで#おまいら15年前何してたよというタグをみかけたので,15年前のブログを読み返してみた(このブログは2003年から始まっている)。いやぁ,いろいろあるわ。鬱病がだいぶアレだったり,文鳥を飼い始めたり,東京に行ってPENを使うことに決めたり,C#使い始めたり,マインドマップの本を図書館に入れてもらったり,SSSに初参加したり,Syd Barrettが亡くなったり…なんと言っても本をけっこう読んでいた。最近は本を積むことに何の罪悪感も感じなくなってるなあ。

・情報という教科が始まったばかりで,あちこち右往左往していた。そして随分発言がトゲトゲしていた。鬱病のことも影響しているだろうけど,今とは別のいろいろなことを抱えていたからなあ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2021.05.25 (Tue)

PyPENで「〜個の〜」の副産物

・某解説動画を作っていたら,代入に「=」を使うとエラーになる部分があった。てっきり「代入の定義から間違って削っちゃったかな」と思って「←」に変更してやり過ごしたのだが,調べてみるとそういう事実はない。エラーになるのは「a=9個の0」というように「〜個の〜」を使っているところで,結局「〜個の〜」を演算子扱いしていることにより,「=」の結合規則(nonassoc)の影響を受けてしまったということらしい。「←」は演算子扱いしていないのでその影響は受けない。

・「=」などの比較演算子をnonassocにしているのは,たとえば「a==b==c」が「a==(b==c)」と解釈されて,「エラーにならないけど思ったのと違う挙動をする(Cっぽい感じ)」ことを避けて「エラーにする」ためだ。しかしPythonでは「a<b<c」のような比較が認められているのだから,それに合わせて「a==b==c」を「a==bかつb==c」というように解釈するのも一つの解決になる。そういう感じの比較クラスを作ってしまえば解決するような気がするのだが,どうしたものか。DNCL2ではこのあたりどういう扱いになるんだろう。

・そもそもは「=」が代入にも比較にも使えるとしてしまったことに原因があるので,比較は「==」でないとダメ,とするのもまた一つの解決になる。でもそれだとDNCL2と挙動が違ってしまう。

・もう一つ解決方法があって,「=」などの比較演算子よりも「〜個の〜」の優先順位を上げて,「a=4個のx=y」のような比較演算を使うときは「a=4個の(x=y)」というようにカッコを強制するというものだ。それなりに悪くない気はするが,「a=4個の1+2」にはカッコがいらないのだからちょっと気分が悪い。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

古いページ