不定期戯言

戻る

2011.02.28 (Mon)

一般教養としてのプログラミング

・26日の研究会の話の続き。きちんとまとめられてないけど,時間おくと勢いなくなるから。

・プログラマになる者を育てるためのプログラミング教育はそれはそれとしてあるけど,多くの者は開発を仕事でやるわけではない。しかし開発者に仕事を依頼する立場になる者は決して少なくないし,そのときにきちんと話ができるためにはプログラミングがどのようなものか知らないわけにはいかないだろう,というのが研究会の趣旨であった。業務をわかっていればシステムの要求定義ができるということにはならない。たとえば学校で教務のエキスパートがDBの設計をやれるかというと,おそらく単年度とか単学年で使い切るものならできるだろうけど,年度や学年,カリキュラム改訂をまたがったものを作れる程度に抽象化することはできないだろう。もちろん受注側が業務を完全に把握しているわけもない。発注側も受注側も,それぞれの想像力でミスコミュニケーションの穴を埋めようとしてしまい,不幸な結果を生む。アドミンティーチャーズで校務システムを内製する話が出るのもそれを避けるためだ。

・そのためにプログラミングを体験することは正しい。「高度に発達した科学は魔法と区別がつかない」というクラークの言葉通り,ITはややもすると魔法扱いされてしまう。それを現実の科学に引き戻すための教育だということだ。しかしここで一つひっかかることがある。生徒達が授業で作るプログラムのレベルと,普段接するプログラムのレベルには相等のギャップがある。そのギャップの大きさが再び魔法の壁を作ってしまうのではないかということだ。かといってそのギャップをきちんと埋めるような教育をするのは本筋ではない。うまい方法で軽く飛び越せないものだろうか。たとえばEclipseやVisual Studioでのポチペタプログラミングの体験なんか役に立たないかな。

コメント(4)

MW wrote at 2011-03-01 17:50:

プログラミングは興味があって勉強してみたいと思うのですが
何しろ全くと言っていいほどの初心者なので
書店に行っても本があり過ぎて
どの本を買って勉強していいのかがわかりません
何かおススメの本はありますか?

文庫老 wrote at 2011-03-02 21:15:

 まずは無償の「Visual C# 2010 Express」をインストール。 それから、「Visual C# 入門」で検索して勉強する。 というのはどうでしょうか。
 初心者向けで薦められる本はよく知らないです。 仕事で使うという目的なら、薦められる本はあります。

MW wrote at 2011-03-04 16:13:

返事が遅れてしまい申し訳ありません
なるほど、「Visual C# 入門」で検索したら確かにいろいろ出てきました。
まずは、初心者を卒業したいと思います。
ありがとうございました。

わたやん wrote at 2011-03-07 09:37:

本は良し悪しの他に,相性があるので,本屋でよさげなものを見繕うよりないと思います。あとは何でもいいから作りたいものを作ることですかね。退屈な例題プログラムを入力してるだけではなかなか続かないので,勉強もしつつ,自分の手が届かないかもしれないことにも手を出しつつ(完成しなくても)。

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

New's Network復活

・New's Networkの更新が2ヶ月近く途絶えていた。前にもいきなり入院したり,いきなり事故にあったりということがあったので心配で毎日覗いていたのだが,今日ようやく更新された。ほっとした。マンガの登場人物は度を増してダメな人になっている。だがそれがいい。

・どうやら入院していたとのことで,実際今回はかなりヤバかったらしい。私も最悪のケースを考えなかったわけではない。しかしネットでつながってる相手って,こういう感じでフェイドアウトすることもあるんだよな。実際楊柳先輩のこともあったし。自分もそうならないと限ったわけでもない。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2011.02.27 (Sun)

「プログラミング教育と倫理」研究会

・26日に日本情報倫理協会と教育システム情報学会関西支部の共同主催で表題の研究会が開催されるというので西宮まで足を運んだ。行ってみると何人か顔見知りが。開催趣旨にあるように,開発者にはなる者は少ないけれど,業務システムの導入・修正などの際には開発者と話をすることになる者は多い,そのときにきちんと話ができるために身につけるべき素養はいったい何であるかということに興味があったからだ。

・話を聴いて自分なりにいろいろ考えたことがあるのだが,まだ文章に書けるほどまとまってはいないので,詳細は後日改めて。今日のところは周辺の話をメモ的に記しておく。

・OSC福岡2010での長崎県庁の島村氏の資料は興味深い。このアプローチが有効なのは行政に限らないだろう。今回の研究会の中心話題は,こういうことができる人材を育てることだと思う。決して楽をすることにはつながらない,でも正しい仕事のために必要なことだ。

帰り道に一発屋で三丁目を食べてきた。確かに辛いのだけど,ただ辛味だけを強くしたものではないので食べやすいし,後に響かずすっきりしている。今度は四丁目を試してみようかな。

いただきますごちそうさまでした

往復とも在来線だったので本がよく読めた。『やさしい情報整理学』(かいきよみち著,社会思想社),『自分の頭で考えるということ』(羽生善治・茂木健一郎著,大和書房),『仕事に活かす!マインドマップ』(主藤孝司著,PHP研究所)の順番に読んだのだが,うまく内容がつながっていった。私の思考・勉強のスタイルって多分に昭和だなと思ってはいるのだけど,それにはそれの良さがあることを再確認した。このことについてもいつかまとめてみたい。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2011.02.21 (Mon)

鳥の記憶

・ふと思い立って,30年くらいタイトルがわからないままの歌の歌詞でぐぐってみた。イルカさんの歌で,ラジオで何回か聞いたけどエアチェックしそびれた曲。どうやら「鳥の記憶」らしい。「ボヘミアの森から」に収録されているのだけど,中古ですごい値段がついているのでマキシシングルを買うことにした。

コメント(2)

のぐー wrote at 2011-02-22 14:38:

レコードならそんじょそこらの中古屋で安くで手に入ると思いますが(100円とか)>ボヘミアの森から

わたやん wrote at 2011-02-22 14:47:

実はYahooオークションで落札済みです。310円。

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2011.02.20 (Sun)

授業改革フェスティバル

・久しぶりに数学教員の立場で。「統計環境R」というタイトルでレポートをしてきた(プレゼン配布資料)。緊張して手がガタガタに震えていた(比喩でなく)のだけど,言いたいことは言えたと思う。Rを知ってるという人は少なかったのだけど,あれだけ簡単に箱ひげ図が描けるのなら,というコメントをもらえたのでまあ良かったかな。

コメント(2)

だきわ wrote at 2011-02-26 06:34:

うーん、よく使われるGrapesやシンデレラよりも敷居が低いと思いますよ。
言語活動の充実として、統計を国語でする、というのもありかもしれない。統計という言葉を使って他人に納得してもらうってことはありでしょう。

わたやん wrote at 2011-02-28 00:18:

統計も表現という意味ではたしかに言語の一種ですよね。それを正しく伝え,正しく受け取ることは数字だけの話ではとどまらないとも言えるでしょう。資料を元に小論文を書くのだって,つまりはそういうことで。

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2011.02.14 (Mon)

crcdisk.sys

・先日からホスト環境のVistaを何度も何度も何度も再起動している。というのもWindows Updateを繰り返しているからなのだが…問題は,crcdisk.sysのところで止まってしまうことだ。こうなると他メディアから起動を試みたりBIOSの設定をいじって戻してみたりしないと起動してくれなくなる。検索してはみたけど有効な解決策は見つからない。

・ようやくまともに動く状態になったので,例のごとくibus-anthyに句読点パッチをあててみる。前の投稿は読点がおかしかったが,今日はまともだ。

コメント(10)

だきわ wrote at 2011-02-15 09:08:

Updateは面倒ですよねえ。
昨日偉い人のPCアップデートをしたら79個ありました。

わたやん wrote at 2011-02-15 23:42:

2桁なんてまだまだ,という気になっています。3時間前に「残り時間0秒」になったバックアップがまだ終わりません。

だきわ wrote at 2011-02-16 12:03:

Vistaだからねw。
Windowsだとあえて選ぶならXPか7がいい。
もうマカーになりましょうよ。Air買って下さいよ。ふふふ。

わたやん wrote at 2011-02-28 00:21:

複数台は持ちたくないんですよ。Macにするとしたら,完全にそっちに移行ですね。この仕事してるからMacのこともわかっておきたい気はするのですが。

だきわ wrote at 2011-03-02 15:05:

Macでデュアルブートとか仮想化したらダメ?
tssさんがしてたような気がしますが。

tss wrote at 2011-03-06 14:51:

私は、Macのうえで FreeBSD。 快適ですよ。私は試していませんが、Windowsを動かすマシンも Mac が一番良いと言われていますね。

わたやん wrote at 2011-03-07 09:39:

Macだと仮想化的なことができるんでしたっけ。UNIXの便利さも享受できるという点ではいい選択肢だとは思ってるんですが,そっちでプログラムを作ることをまた勉強しなくてはいけないかと思うと。

tss wrote at 2011-03-07 11:23:

VMware Fusion で仮想化してもよいし、普段 Windows ということなら、Mac標準のブートキャンプでデュアルブート化して、ネイティブにWindows走らせても良いですね。

だきわ wrote at 2011-03-09 13:05:

わたやん、
「あとは、結城^h^h勇気だけだ」

だきわ wrote at 2011-03-09 13:05:

わたやん、
「あとは、結城^h^h勇気だけだ」

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2011.02.12 (Sat)

ホストとゲストの交換

・ScanSnapを使うときにいちいち起動しなおすのも、そのたびにVMware立ち上げるのも面倒くさい。そんなわけで衝動的にホストをWindowsにしてみることにした。今までLinuxホストでWindowsをゲストにしていたけど、Windowsはゲストだといろいろ制限があるし、重すぎるので。もちろんLinuxだってホストのときと比べるとずいぶん重くなっているのだが…これは耐えられる範囲かな。文書書きがほとんどなんだから。

コメント(4)

だきわ wrote at 2011-02-13 11:20:

発想の転換?

tss wrote at 2011-02-13 12:20:

だったら、良いX端末ソフトをWindowsに入れてguestのLinuxを使うようにすると幸せになれるかも。 (砂上の楼閣な気もしますが)

わたやん wrote at 2011-02-13 12:37:

まあそうです。それにしても句読点が変えられないのはストレス…。

わたやん wrote at 2011-02-14 22:49:

いつものパッチをあてて,句読点が思うとおりになりました。Windows側からアクセスして使うのも一つの手だとは思うのですが,どういうのがあるのかよくわかっていないので単純な使い分けをしています。

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。