不定期戯言

戻る

« | 2018 | Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec | »

2018.04.11 (Wed)

P検のタイピング練習ソフト

・情報の授業でときどきタイピングの練習をするときに,P検のソフトを使わせてもらっているのだが,FirefoxでJavaScript版を使うと長音記号が入力できないのでFlash版を使わせている。

・ふと思い立ってソースを眺めてみた。普通に考えればキーコードのテーブルがあるはずだから,そこにFirefoxの長音のキーコードを追加すればうまくいくのではないかと思い,試してみたら確かにうまくいった。JavaScriptを1箇所,HTMLを1箇所直しただけ。

・修正を依頼できないかと思ってP検に電話してみたら,詳しいことはメールの方がいいということなので,修正点をメーっておいた。ホントはカナ入力の方も直したいところだが,手元に日本語キーボードがないのでなんともならない。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

トラックバック(0)

トラックバック用URL: https://watayan.net/blosxom.cgi/informatics/201804110001.trackback

2018.04.08 (Sun)

犬山祭

・友人にこの週末が犬山祭だと聞いていたので,ふらっとでかけてみた。何も調べずに行ったが,駅前から屋台が連なっているので,それに沿って散歩。ずっと車山を見上げてたり,屋台の食べ物つまんだり,からくりの奉納を見てたり,写真取ったりしてた感じ。せっかくだから犬山城にも寄っていこうかとも思ったが,待ち時間40分とか出てたので今回はパス。

・帰ってから写真の整理。新しいカメラに変えてExifに向き情報が保存されている…のだが,Imagemagickで変換すると向きがおかしい。手作業でいじったりもしたが,convertの-auto-orientオプションで簡単に片付いた。

コメント(0)

コメント投稿

日本語の文字が入っていないものは受け付けません。URL欄は使わないでください。

Name:
URL (NEVER USE):
Comments:

トラックバック(0)

トラックバック用URL: https://watayan.net/blosxom.cgi/misc/201804080001.trackback

2018.03.24 (Sat)

艦これ冬イベント終了

・秋イベントは途中で終わってしまったが,今回は難易度に「丁」があったので,E-4からずっと丁。終了前日の夜に「資源がないからこれが最後(バケツはもうちょっと残ってた)」と思って出撃させたところでようやく終了。今回は報酬艦である日振,Gambier Bay,Intrepidの他にJervis,三隈,時津風が手に入ったのでわりといい感じ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.03.17 (Sat)

DNCLの論理演算の優先順位

・CE研の休憩時間,佐久間氏いわく「DNCLの論理演算は仕様書によると優先順位なしで左から結合することになってるんだが,WaPENはどうなってる?」。え,そうなの?たとえば「false かつ false でない」は「(false かつ false) でない」になるからtrueにならなくてはいけないということだ。なんとなく感覚的に「でない」の結合を強くしてしまっていたので,WaPENを修正。

コメント(1)

もりわか wrote at 2018-03-27 11:12:

ここだけ電卓っぽい感じですね。

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.03.14 (Wed)

情報入試のすすめ

・情報処理学会全国大会の2日目。今回は大会自体のテーマが教育なので,イベント企画をはしごするだけでもじゅうぶん面白い気がする。

・パネルの最後に少し発言をさせてもらったが,緊張してうまくしゃべれなかったので簡単にまとめてみる。

入試でやたらと難問を追求する方に走るのでなく,押さえるべき要点を明確にする方向でいってほしい。たぶん数学は「差」がつくようにということや,出題自体の楽しさに引っ張られて難問が当たり前になってしまった。生徒自身の思考力を超えて解答を書かせるために,暗記に偏重(変調?)した指導や学習が広まってしまったように思う。しかし,情報の入試でそのような難問を追い求めることにメリットはあるだろうか。最低限のことを押さえることを要求するということなら,今あちこちで行われている先進的な取り組みもその上の積み上げということで持続できる気がする。

・一方で,Officeソフトの正しい使い方もどこかできちんと教えなくてはいけないとも思っている。パソコンでの作業の多くがOfficeソフトであるという人は少なくはないように思うからだ。本当はファイル管理をどうするかってこともやりたい気がするんだけど,でも正解なんてないしなあ…私もいまだに模索してるし。ファイル管理をどうにかしないと困っちゃうってくらい,生徒が作り散らかす状況ができたらいいなあ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.03.13 (Tue)

情報処理学会第80回全国大会

・新井紀子氏の講演を聞きつつぼんやり考える。『AI vs …』はまだ半分しか読めていない。

・AIで何ができるかできないかということはわからないのだけど,生徒が「読めてない」現実はあると思っている。たとえばプログラミングの実習で,うまくできたかどうかは彼ら自身が実行結果を確認することで自ら判定できると思っていた。しかし実は生徒は結果が正しいかどうかが確かめられていない。

・タートルグラフィックで正三角形を描こうとして60°回転すると失敗するのは児童自身がわかる。しかしたとえば「整数を1つ入力してその約数を…」という課題に対し,

DEFINT A,B
INPUT A
INPUT B

みたいなことをやってしまう生徒が少なからずいる。その1つ前の例題で,整数を2つ入力してどうのこうのというのをやったので,それと同じことをやればいいと思って入力を2つ書いてしまうのではないかと想像する。結局パターンマッチングで処理してるのか,と思うとなんだかむなしくもなる。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.03.11 (Sun)

WaPENとPenFlowchart

・あるクラスで時間が1時間だけ余ったので,PenFlowchartを触ってもらって(授業はずっとWaPENで行っていた),簡単なアンケートに答えてもらった。たとえばPENやPenFlowchartについている「変数表示画面」については,あった方がいいという意見もなくてもかまわないという意見があり,中には実行速度調整と抱き合わせで実装してほしいという声もあった。何人かはPenFlowchartのフローチャート画面にある「カット&ペースト」を探し当てて,これはWaPENにも必要だと強弁している。予想した以上に,考えさせられる回答が多くあった。さて,どこから手を付けようかな。

・変数表示画面については,変数全部を表示するのは面倒なので,デバッガの「ウォッチ」みたいな感じで表示する変数を明示的に指定させるのがいいんじゃないかと考えている。また,配列については配列の表示と同じ形式でいいだろうとか。でも,そもそも画面のどこに表示しようか。現状でもフローチャートまでで精一杯なのに。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

時計のバンド切れた

・愛用しているPebbleの時計バンドが切れた。シリコンのやつなので,こういう日がくるかもとは思っていたが…。そんなわけで近いうちに買いに行こう。しばらくは前に使ってたソーラーの電波時計使うけど,ケータイからの通知が来る便利さは手放せない。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.03.03 (Sat)

算数・国語かプログラミングか

・小学校のプログラミングどうのこうのの話になると,そんなことよりも算数や国語が…というような話をよく聞くが,そういう二項対立で考えるものではないように思う。我々が小学校を卒業した後でコンピュータを使うようになってから算数や国語について「後天的に」取得したものがあるのだが,それをどこでどういう風に獲得させるかを私は考えたい。我々が「後天的に」身につけたそういったものを12年間も封じさせられて,我々がやったのと同じようにいつか「発見」しなくてはいけないのかと思うと,なんだかガッカリする(それに甘んじるほど彼ら自身はのんきではないとは思うが)。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.02.28 (Wed)

Viscuit15周年

・ということでイベントがあるらしい。こちらは卒業式があるので行けないのだけど。ビスケットを初めて知ったのは,PENを知ったのと同じときで,2006年3月に行われた教育用プログラミング言語に関するワークショップだった。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

WaPENの開発での迷い

・思うところあって,変数の管理をすっきりさせつつある。というのも,関数を定義して呼び出せるようにするために,ローカル変数とグローバル変数の管理をすることになりそうなので,今のうちに扱いを簡単にしておきたいということなのだ。多次元配列は結局配列の入れ子で実現することにしたが,変数宣言不要モードで次元の違う配列呼び出しとかあったらどうしようとか,そういった面倒なところで考え込んでしまって作業が進まない。変数宣言を必須にすれば話は簡単なのだけど,今年度の教員免許更新講習で変数宣言不要モードのありがたさを知ってしまったからなあ。次元の違う呼び出し・代入はエラーにしてやってもいいような気はしているのだけど。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.02.19 (Mon)

WaPENの文法ルールを緩和する

・授業で使っていて,配列にまとめて値を代入するときのカッコとかが全角になってエラーになるとか,そういうのがたくさん発生しそうな気がしたので,そのあたりを広く解釈することにした。あと,読点の有無もできるだけこだわらないことにした。これでつまらないエラーはかなり減るだろうと思う。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.02.12 (Mon)

WaPENにおける配列

・WaPENで気になっていた配列まわりを少し直した。これで↓こんなことができるようになった。

配列の代入とか表示

配列の表示はPENやPenFlowchartにあるので,それを真似てみた感じ。配列から配列への代入もそんなに苦労せずにできた。このあたり,本当は配列変数の実装をもうちょっときちんとやればもっと簡単になるんだろうけど,それはそれで大変っぽいのでまたいずれ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

読めるか読めないか

・『AI vs 教科書が読めない子どもたち』がまだ読めないままなのだが,ネットではこのテーマに関するいろんな話が飛び交っている。前に何度か「解答読解」について書いたけど,問題が読めない者が解答読めるわけがないことを思うと,より一層それが悪いことに思えてきた。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.02.07 (Wed)

デジカメ新調

・先日の研究会で授業とかの様子を撮影していたのだが,性能の面でつらいと感じるようになってきた。今までは持ち運びの手軽さで小さいコンデジを使っていたのだが,光学ズームも3倍までしかないしとかいうことで不満が募ってきたのだ。そんなわけでほぼ衝動買いに近い形でPowerShot SX620 HSを購入。満を持して買い換える割にこのスペックかと思われるかもしれないが,手軽に持ち運んで,というのがやはり大事なのでこれでいいのよ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.29 (Mon)

MultiWriter 8200N

・職場の仕事部屋にある古い方のプリンタが,そろそろダメになってきたようだ。最後のトナーを使い切るまでは,と思っていたが,その前にローラーがダメっぽい。

・2006年の12月に発売されてすぐに買ったから,10年ちょっと使い続けたことになる。その間にいろいろなプログラムを書いた。差し込み印刷ライブラリ「いんさ〜つ」は最初Win32で作って,UNIX上のサーバとしても作ったことがあるし(動作はすごく遅かったが),Qtでも作った挙句,最終的にはC#.NETで使えるものとして作り,去年まで使っていた成績処理プログラムでもライブラリとして呼び出しているし,今年の入試でも印刷プログラムとして使っている。その間,ずっと使ってきたのがこのプリンタだ。愛着がある。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.18 (Thu)

WaPENのバグ取り

・Zellerの公式を使って曜日を調べるプログラムを生徒に作らせる。とりあえず曜日は0〜6の数で表示するようにしていたのだが,何人かの生徒は「日曜日」「月曜日」…と表示しようと手を加え始めた。配列をまだやっていないので,当然分岐の連続になるのだが,見ているとどうも表示がおかしい。これはWaPENのフローチャート表示のバグだ。そんなわけで授業が終わってから職員室に戻ってバグ取り。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.17 (Wed)

久しぶりにこもる

・片付けのために,久々に仕事部屋にこもった。そこで感じたこと…あー,これ続けたら精神を病むわ。何年もこもって仕事をしていたときには気づかなかったけど,人から離れてこもって仕事し続けることはこんなにもストレスになるんだなあ。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.15 (Mon)

WaPENでの真偽値定数

・真偽の定数がちゃんと働いてなかったのを修正。これで「真の間…」とかいう風に無限ループが書ける。調子に乗ってtrueでもTRUEでも真でも通用するようにした。あ,変数名にこれらを禁止するの忘れてた気がするけど…どうなってるのかあとで確かめよう。

・何が間違っていたかというと,gitのdiffを見ればわかる通り,大文字と小文字を間違っていたと…。生徒が全角半角間違えてエラー出してるのを注意する立場なのに。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.12 (Fri)

WaPENでの初授業

・自分なりに考えて作った教材でも,実際に使ってみると予想外のことは起きる。全角半角の違いくらいは当然想定範囲内だし,カギカッコの入力方法をここで説明するのも予定通り。しかし…このレイアウトが良くなかったらしい。
画面の左上

「実行」ボタンを押すつもりで手が滑って「新規」ボタンを押す事故が多発。フローチャートも消えちゃってるからどうしようもない。そんなわけで「新規」ボタンを押したら確認ダイアログを出してからクリアすることにした。これで来週から一安心…だといいな。

・助手の方からフローチャートが右端というのが流れ的にどうなんだろうという意見をいただいた。右端のフローチャートで作ったプログラムが左端に生成されて,その実行結果が真ん中にあるという流れは不自然に思えるのではないかということだ。フローチャートを左端にすれば,左から右へということで統一されるのかもしれない。これはもうちょっと考えてみよう。授業で使う分にはフローチャートを隠す必要はないのだから,最初から表示しておけばいいのかもしれないし。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.06 (Sat)

RSA暗号の教材

・RSA暗号を体験する教材について,神奈川の実践事例報告会でポスター発表したわけだが,そこでいくつかの助言をいただいた。それを踏まえて若干改良したものを公開することにした。いつものところからダウンロードできるようにもしておいたので,適当なところに展開して使ってくれればいいかなという感じ。もちろんいただいた助言はこれだけではないのだけれど。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.04 (Thu)

beamerposter

・神奈川の実践事例報告会のポスターを何で作ろうか考えたとき,「ひょっとしてTeXで何かあるんでは」と思って調べてみたらbeamerposterというのがあることがわかった。本当ならきちんとテーマファイルを作るんだろうけど,時間がなかったのでサンプルの中で気に入ったものに少し手を加えて使うことにした。出来栄えはそれなりに気に入っている。これからもポスター発表の機会があったらこれを使おう。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。

2018.01.01 (Mon)

書き癖

・生徒に梅棹忠夫の「発見の手帳」の話をして,スマホでも紙の手帳でもいいから持ち歩いて,「書き癖」をつけないといけない,という話をしたことがあったのだけど,そういってる自分が最近それをおろそかにしている現状がある。今年はそのあたりをきちんとやりたい。ウエストポーチを新調しなくてはいけないのだけど,これも手帳を持ち歩くために着けてるわけだし。

コメント(0)

コメントの受付は終了しました。

トラックバック(0)

トラックバックの受付は終了しました。